NEWS

2018 / 07 / 26  07:30

9月13日(木)よりGRANNE HANTVERKは進化します。

2009年にスウェーデンで事業を始めてからおかげさまで今年で9年になります。

ブログでもお伝えしましたが、9月13日(木)から新しくスタッフが加わり、GRANNE HANTVERK(グランネ ハントヴァルク)の活動の幅が広がります。

詳しい事は現在ミーティングを重ねている最中なのでお伝えできませんが、8月になりましたらまたご報告させて頂きます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2018 / 07 / 21  17:30

企画展「フィーカノシタク」に出品中の作家紹介 - 竹村聡子さん

画家の藤田嗣治氏の「素晴らしき乳白色」に感銘を受けた事をきっかけに、白磁土を使ったものづくりを始め、日本人らしい細やかで丁寧な手仕事を心がけて作品作りをされている竹村聡子さん。

作品のフォルムや釉薬の質感、色使い、銀彩の技術など、どの部分を見てもその姿勢が伝わってきます。

どれも本当に素敵なので、きっと少しずつ集めていきたくなりますよ。

image_6483441 (1).JPG

企画展「フィーカノシタク」は8月26日(日)まで。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

 

2018 / 07 / 19  08:30

インスタグラムを再開しました!

スウェーデンからStudio OYAMAのMasayoshi Oya君が遊びに来てくれました。

今回7年ぶりの再会。これを機にインスタグラムを再開することにしました。

スウェーデンから帰国して7年が経ち、ようやくいろいろなことへの気持ちの整理がついてこれから自分がやるべきことが見えてきました。

できることから少しずつ。ブログも今の所毎日更新中です。

時々覗いてみてください。

 

 

40985B95-99C3-4C69-AA4C-FF99ACBB4FF9.jpeg

2018 / 07 / 12  20:15

企画展「フィーカノシタク」に出品中の作家紹介 - 樽田裕史さん -

先日NHK BSの「イッピン」という番組に出演をされた樽田裕史さん。今までに数々の賞を受賞し、現在は愛知県瀬戸市にて作陶しています。

樽田さんの作品は、手にとって上から下まで眺めていると、どの部分にも手を抜かず、繊細で丁寧な仕事をされているのがよくわかります。

フォルムだけではなく釉薬の色や蛍手という透かし彫りの技法もとてもきれいなので、フィーカの時間(お茶の時間)に、ホッと一息つきながら自然光や部屋の灯りによる表情の変化を楽しむことができます。

画像は f / 1のゆらぎをイメージした汲み出し湯呑み。

ゆらいだラインに沿って線の蛍手が施されています。1点ずつ製作しているため、わずかですがゆらぎ方が違います。

心地の良いゆらぎの湯呑みにきれいなグリーンの煎茶をいれたら美味しそうですね。

汲み出し湯呑みは、主にお客様におもてなしをする時に使用され、通常の湯呑みよりも高さが低いのが特徴です。

企画展「フィーカノシタク」は8月26日(日)まで。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。 

 

 

スクリーンショット 2018-06-27 15.28.27.png スクリーンショット 2018-06-27 15.28.47.png 

taruta5.png

 

2018 / 07 / 09  13:30

店長ブログ「Hej Karuizawa!」が始まりました

店長ブログ「Hej Karuizawa!」が始まりました。

Hej(ヘイ)はスウェーデンの挨拶の言葉です。

軽井沢情報や日々のこと、ショップや家具製作所のことなど、ホームページに載せることができない情報を書いていきます。

ぜひお時間がある時に覗いてみてください。

http://blog.grannehantverk.com/

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...