NEWS

2018 / 07 / 12  20:15

企画展「フィーカノシタク」に出品中の作家紹介 - 樽田裕史さん -

先日NHK BSの「イッピン」という番組に出演をされた樽田裕史さん。今までに数々の賞を受賞し、現在は愛知県瀬戸市にて作陶しています。

樽田さんの作品は、手にとって上から下まで眺めていると、どの部分にも手を抜かず、繊細で丁寧な仕事をされているのがよくわかります。

フォルムだけではなく釉薬の色や蛍手という透かし彫りの技法もとてもきれいなので、フィーカの時間(お茶の時間)に、ホッと一息つきながら自然光や部屋の灯りによる表情の変化を楽しむことができます。

画像は f / 1のゆらぎをイメージした汲み出し湯呑み。

ゆらいだラインに沿って線の蛍手が施されています。1点ずつ製作しているため、わずかですがゆらぎ方が違います。

心地の良いゆらぎの湯呑みにきれいなグリーンの煎茶をいれたら美味しそうですね。

汲み出し湯呑みは、主にお客様におもてなしをする時に使用され、通常の湯呑みよりも高さが低いのが特徴です。

企画展「フィーカノシタク」は8月26日(日)まで。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。 

 

 

スクリーンショット 2018-06-27 15.28.27.png スクリーンショット 2018-06-27 15.28.47.png 

taruta5.png