NEWS

2017 / 07 / 06  17:20

江野惠子作品展 - SHIBORI / 藍染め重ね絞り- 始まりました。

3日にクッション展が終了し、5日(水)より、絞りの技法の一つである「重ね絞り」の技法を使った作品が展示されています。

重ね絞りは、いく層にも重ねた分厚い布の束を縫い、染めたい部分だけを切ってぼかしを入れながら染めて行くという特殊な技法です。

藍は徳島のすくも藍を使用。茶綿の生地の色と藍のコントラストがとてもきれいで雰囲気があります。

和洋どちらのインテリアにも合う素敵な作品ばかりです。

ワークショップはあと2名様分空きがございますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

2017 / 07 / 01  18:00

ワークショップのご案内

フライヤーNR.2 に記載されている藍の生葉ワークショップについての詳細が決まりましたのでご案内致します。

8、9日の午前午後、各定員3名と記載致しましたが、今年の藍の成長が遅く間に合わないため、

8日午前10時〜12時まで定員3名で本日より募集を開始致します。お電話にてご予約、お問い合わせを承ります。

詳細は下記の通りです。

・日時 7月8日(土)10時〜12時

・料金 4000円+税、お子様は無料(ブークレさんのサクランボタルトのフィーカとお土産付き、ショールを染める材料費込み)

・定員 大人3名 お子様連れも大歓迎!染液の量が限られておりますので、大人3名、お子様3名まで受け付けております。

・内容 藍の生の葉っぱを収穫する作業から始まり、フレッシュな葉っぱのエキスを使って一枚のショールを染めていきます。

生葉染めは、通常の藍染めと違い、とても爽やかなライトブルーに染め上がります。

・持ち物 汚れても良い服と靴(藍の染液はついたらなかなかとれません。)

浅間山をバックにもみの木の森に囲まれた環境の中で鳥の声を聞きながらショールを染めてみませんか?

 

 

 

1 2