NEWS

2017 / 10 / 13  19:00

軽井沢のRestaurant TOEDA様の什器をデザイン・製作させて頂きました。

軽井沢に隠れ家のように佇むフレンチレストランRestaurant TOEDAの戸枝様より、フランスのリヨンで開催される世界最高峰の料理コンクール「ボキューズ・ドール」の日本代表選考会決勝戦で使用する什器の製作をご依頼頂きました。

課題である鹿肉料理を、予め温めた石のプレートに盛りつけ、それを鹿の角を使用した什器に置きたいとのことで、戸枝様の思い描いているイメージをもとに使い勝手なども含めてデザインに盛り込み、製作させて頂きました。

お料理を切り分ける際に、角の上に乗っている木のプレートは取り外すことができ、また、角の上に置いてもぐらつかないように、角にあたる部分をナイフで彫り込んでいます。

お料理をのせた状態を撮影中に拝見させて頂きながら、切り分けてお皿に盛りつけたらどうなるんだろうといろいろな映像が頭に浮かび、とても刺激を頂きました。

ありがとうございました!

・素材 ウォールナッツ、鹿の角

・デザイン/製作 皆木重人